クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
【無料の企業PR広告】
トップページ おすすめ情報 クチコミ情報 お役立ち情報 運営会社
クチコミ情報

老人施設
自分の親を老人施設に入れる・・・。現代日本においてこれに対する抵抗は著しくなくなってきているといえます。日本人がわがままになったのか、主に世話をしていた女性陣の地位向上によるものともいえます。一方自分が老人施設に入らざるを得ない日も各人日を追うごとに現実になってきます。だれでも避けて通れない問題です。そして老人施設に入るにはお金がかかる・・・。そのため日本人は必死に働き、必死にお金をためるのです。老後の資金といって・・・。最近つくづく思うのは、長生きってなんだろう、と言うことです。現役世代が必死に働かざるを得ないのは、この老後の資金とやらが心配だからなのです。もしこの心配がないのであれば、宵越しの金は持たない・・までは行かなくても、もっと今の生活を潤すための使い方をするでしょう。この老人施設を考えるとき、将来は入らざるを得ないという現実とともに、そのお金をためなければいけないという動機のため必死に働くこと、そして、満足に資金を貯められていない人は一度は考えるでしょう、野垂れ死にということを・・・。 しかしこのままの日本社会では、今後の老人たちが老人施設に入れず、お金もなくなり、そのままひっそりと死ぬ・・・ということが現実感を持って迫ってきています。現にそういったニュースをよく耳にするようになりました。今後は、きっと当たり前の出来事としてニュースにすらならなくなるが、今年の自殺者は○万人でした と同じように 今年老人の孤独死は○万人でした とたんたんとニュースになることでしょう。それでもいいから、今を楽しく生きたい・・・。というキリギリスの発想を一概に悪とは決め付けられないでしょう。どんなにお金をためても報われないかもしれないと思っている国民もやはり多数いるのでしょうから。